クラウドソーシングのライティングとアフィリエイトでの稼ぎの対比

クラウドソーシングには多くのライティングの仕事が出されています。
ネット副業として、こうしたクラウドソーシングでライティングの仕事を確保し、稼ぐと言う方法があります。
これらの仕事の多くは、ブログやまとめ記事のアフィリエイトで稼いでいる人や、そうした人に大量の記事を提供する会社が発注しているケースが少なくありません。
それならクラウドソーシングでコツコツ稼ぐより、自分でライティングした記事でブログサイトを構築し、アフィリエイトで直接稼ぐ方が良いのではないかと言う考えも浮かびます。
本記事では、ネットのアフィリエイトに関するノウハウ記事を参考にしつつ、クラウドソーシングのライティングでの稼ぎと対比しつつ、両者のメリット・デメリットについて考えたいと思います。

アフィリエイトには色々とノウハウがありますが、まず最初に集客のために100記事程度を書く事が推奨されています。
800字の記事はクラウドソーシングのタスクの仕事では平均200円程度であり、100記事のブログサイトを構築するのに、まず最初に2万円相当の労力の投資が必要だと言う事になります。
その後も、集客を維持するために、毎日800文字の記事を書き続ける事が必須と言うのが、アフィリエイトのノウハウ記事に記載されています。
すなわち、毎月6千円の労力をつぎ込み続けると言う事になります。仮に1年経過したとすると、トータルで2万円+(0.6*12)=9.2万円クラウドソーシングで稼げるライティングの労力をつぎ込んだ事になります。
構築されたサイトの記事数は、100+365=465記事となっています。
これだけのブログサイト等で毎月アフィリエイトでいくら稼げるのかと言う事が対比となります。

しかし、残念ながらアフィリエイトでこれだけでの記事のサイトが構築されると、毎月いくら稼げると言う保証はありません。
ただし、SEO対策やアフィリエイトのノウハウが十分に盛り込まれていれば、毎月投入し続ける6千円相当のライティングの労力より、遥かに稼げる可能性がある事が間違いないでしょう。
稼げるサイトが構築できれば、それは資産となり、毎月掛ける労力の10倍以上の稼ぎを生み出してくれる可能性があり、その点が大きな魅力です。
一方で、アフィリエイトで稼げている人はごく一部の人だと言う統計もあります。
結論としては、どんなブログサイトに仕上がっているのかで結果は大きく違ってくると言う事です。

クラウドソーシングでコツコツと稼ぐよりも、アフィリエイトで成功すれば、大きく稼げると言う夢がある事は事実です。
一度夢にチャレンジしようと言う方は、まずクラウドソーシングでの稼ぎの2万円分を投資と考えて、00記事のグログサイトを構築し、その稼ぎから判断されると言う方法がお勧めです。